解決事例

遺言がない状況で、先祖の祭祀を続ける長男が他の相続人よりも多くの相続財産を取得する内容の遺産分割協議が成立した事例

死期間近な交際相手から多額の贈与を受けた女性が、交際相手の死後、相続人から贈与の存在を争われ、贈与額全額の返還を求められたが、贈与の時点から適切な準備をしていたため、最終的に、遺留分に相当する金額の返還のみで解決した事例

弁護士が相続人の代表者として不動産の売却手続きと債務の返済手続を行い、換価分割を行った事例

遺産分割協議書の内容を履行しない相手方に対し、交渉で履行を促し、協議書で記載された利益をすべて取得できた事例

遺留分減殺請求と共有物分割を経て、自宅敷地と現金で遺留分の権利を確保した事例

相続財産をめぐる利害関係の対立を最小限にして、早期の解決を図ることができた事例

現住所が分からなかった相続人を特定し、遺産整理を行うことに成功した事例

財産を独り占めし、協議に一切応じようとしない相手方との和解を成立させた事例

不動産分割において、粘り強く交渉を続け、調停をまとめた事例

相続に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください メールでの相談予約

相続の基礎知識