遺留分

死期間近な交際相手から多額の贈与を受けた女性が、交際相手の死後、相続人から贈与の存在を争われ、贈与額全額の返還を求められたが、贈与の時点から適切な準備をしていたため、最終的に、遺留分に相当する金額の返還のみで解決した事例

遺留分減殺請求と共有物分割を経て、自宅敷地と現金で遺留分の権利を確保した事例

現住所が分からなかった相続人を特定し、遺産整理を行うことに成功した事例

相続に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください メールでの相談予約

相続の基礎知識