新型コロナウイルス流行に伴う対策

 

我々は、本来、直接皆様に面談し、皆様の生の声に耳を傾け、皆様の表情や仕草も含めて、

あらゆる要素からその方の苦しみや不安を理解した上で、法律相談を行うべきだと考えております。

また、皆様も、実際に弁護士にお会いし、その話し方や態度、雰囲気までも十分に吟味して、

「本当に信頼できる弁護士か」を判断したいと考えていらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかしながら、猛威を振るう新型コロナウィルスに対処するため、

令和2年4月7日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が発令されました。

 

当事務所が存在する大阪府もこの緊急事態宣言の対象地域に含まれたため、感染拡大をできる限り防止し、

国全体の苦境を一刻も早く乗り越えること、そして、皆様方の健康維持を第一に考えますと、

現在、当事務所にご来訪いただき、弁護士と面談しての法律相談をお受けいただくことは、事実上困難な状態と言わざるを得ません。

 

そこで、我々として今できることとして、当面の間、電話等でのご相談に柔軟に対応させていただくことといたしました。

以下、当事務所が現在取り組んでいることと、電話相談の流れについてご説明させていただきます。

 

(1) マスク着用の徹底

 依頼者様・相談者様と面談する際はもちろん、執務室においても、マスクの着用を心掛けております。

 

(2) アルコール消毒の徹底

事務所にアルコール消毒薬を常備し、来所された方にアルコール消毒の実施をお願いするとともに、弁護士・事務局ともに、こまめな手指消毒を心掛けております。また、打合せが終了した後は、テーブル、椅子、ドアノブなどをアルコールで拭いております。

 

(3) 所内換気の徹底

相談室では、法律相談実施中も窓を開け、換気を行っています。また、弁護士・事務員の執務室においても、常に窓を開け、空気の滞留が生じないように心掛けております。

 

(4) テレワークと交代制による勤務の実施

弁護士と事務局で交代制による勤務を行っております。

 

(5) 法律相談対応時間の変更

当面の間、法律相談対応時間を基本的に平日の14:00~18:00までとさせていただきます。また、相談はすべて電話での対応とさせていただきます。

 

(6) 電話相談の実施の流れ

 

電話・メール・LINEでお問い合わせいただく

お電話で「相談希望」の旨をお伝えいただくか、メールフォームまたはLINEを用いてお問合せください。

 

電話担当が相談内容をヒアリング・面談予約を実施

担当者が相談内容を簡単にヒアリングさせていただき、面談日を決定させていただきます。その後、相談内容に関して、メールでご質問させていただきますので、可能な限りでご回答ください。

 

面談当日

ご予約日のご予約時間に、所定の電話番号へお電話ください。相談担当の弁護士が皆様のご相談に対応させていただきます。

 

費用

初回45分無料 

本来、2回目以降の法律相談は相談料が発生いたしますが、今回の新型コロナウィルス対応としての電話相談をお受けいただいた方につきましては、事態が収束し、面談でのご相談が可能となった後、来所で2回目の法律相談をお受けになる際、60分無料とさせていただきます。

 

現在、皆様方、そして我々弁護士もみな、戦後最大級の難局に直面しております。先が見えず、暗い気持ちになってしまうことも多いと思います。

しかし、明けない夜はありません。ともに前を向き、今の困難な状況を乗り越えていきましょう。